petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

パパの育児の役割 -生後1ヶ月と日本の男性の育休の現状とは?

f:id:ptela:20181015231415j:plain

こんにちはptela(プテラ)です。

 

ママに任せっきりじゃなくちゃんと育児手伝ってます?

 

 

 

 

だいたいの家庭がママが育休で、パパはお仕事という家庭が大半、そうなると必然的に赤ちゃんといる時間の比率が9:1もしくは10:0でママです。

 

産後、約1ヶ月は赤ちゃんは外に出られないので、もちろんママも外に出られません。ここでパパが必要になります、何をしたらいいか呆然としてる暇はありません漢の役割ちゃんとあります。一つ一つチェックしてみませんか?

 

 

 

 

育児のパパの役割りとは?

 

◽️しっかり稼いでくる(新生児は必要な物が非常に多い)

◽️洗い物(ママはとりあえず忙しい、食器等、時間的に遅くなければ洗濯)

◽️買い出し(必要に応じて粉ミルク、オムツ、自分たちの食材、気を使って甘い物)◽️兄弟の面倒(赤ちゃんにかまってばかりで上の子が機嫌が悪くなりがち)

◽️早く帰る(油を売らずまっすぐ帰宅)

 

 

パパの役割とはママのサポート!!

 

 

f:id:ptela:20181017175658j:plain

 

 

育児は本当に大変だと思います、だいたいのママが仕事してる方が楽って言うのがわかります。数時間子供見ててって言われるだけで、冷や汗もんです。オムツ変えてもミルクあげてみても全然泣き止まない時ってあるんです。まじこっちが泣きたくなります。

 

 

 思っていても言ってはいけないフレーズ

俺だって仕事して疲れてるんだ!

ご飯まだ?

飲みに行ってくるわ!

なんて言ったら殺されるか、子供を連れて出て行ってしまうか、ママが産後うつになりかねませんので気をつけましょう。

 

そうならない為にもママも育児で大変なので、疲れてるのは一緒です。可愛い赤ちゃんを産んでくれた事に改めて感謝しましょう。

 

『感謝』

 

ママの肩を持っているわけではないです、自分が今の環境で思っている事です。

そしてこれからの時代はパパの育休がどこまで社会に浸透するのかが気になるところです。

 

日本における育休の現状は?

ちなみに日本の男性の育休取得率をご存知ですか??

 

男性の育休という言葉自体、日本の社会ではここ最近取り入れている企業が注目されて知ったっていう方も多いかと思います。まだまだ世界的に見ても漢の育休は注目はされているけど、取りづらい環境だったり、浸透がされていなかったりと難しい問題の一つです。

 

「スタートトゥデイ改め(株)ZOZO」(2018年10月 現在)の福利厚生の中には育児休暇があり女性に限らず男性スタッフの利用も可能とされていて、何かと話題の前澤社長は常に社会に対しての高いアンテナを張って会社とそこで働く社員のことを考えている素晴らしい方だとつくづく思います。

 

 

 日本の育休中取得率は?

 

|日本での男性の育休取得率5.14%

これでも少しづつですが増えています、自分の会社にもし育休制度があるなら使わない手はないです、使うことにより気まずくなるようならその会社は、、、残念ですが社員のことは考えてくれていません。

 

諸外国(スウェーデン)は?

 

スウェーデンでの育休取得率90%以上

なぜかというと政府が国民に「ファミリー・フレンドリー」というメッセージを呼びかけ、仕事よりも家族優先しようとしているからです。

ちょっとやり過ぎ感はありますけど、、、素晴らしい!!

 

 

 

男が育休を取ってわかったこと

男が育休を取ってわかったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

|まとめ

 

産まれてから1ヶ月は赤ちゃんもママもデリケートです、最新の注意を払って子育てに取り組みましょう。これからの日本は消費税がどんどん上がり子育てにも影響が出ることでしょう。子育てには消耗品(お尻拭き・オムツ・粉ミルク・その他いろいろ)が必要です。勤めている会社もブラック企業と呼ばれないために残業をどんどん削り、残業をすることでプラスになっていた給料もあてにならなくなり、ただただ休みと時間が増えることでしょう、家族や子供との時間は増えるが収入は減る、困ったもんですね。海外に移住考えなくちゃいけないかな、子供にもいい影響になることを信じて。楽しんで子育てしましょー!