petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

《必読》出産祝いのお返し 内祝い 値段とおすすめはこちら

f:id:ptela:20181031120412j:plain

こんにちはptela(プテラ)です。

 

子育て順調ですか?ママと上手く連携取れていますか?

 

 

知り合いの新米パパは寝かしつけに相当苦労してるようで毎日眠たそうにしてます。大変そうですね。

 

 

 

協力して子育てしていかないとママも滅入ってしまいますので、子育てをママに任せっきりのパパもまだまだ多いようなのでママの話を聞いたりして、フォローしてあげてください。

 

赤ちゃんが産まれてから、身内の人からや友達、職場からと出産祝いを頂く事があるでしょう。お祝いはもらっただけでなくちゃんとお返しをしなくてはいけません。内祝いの相場や何を返したらいいかわからない方もいるでしょう。そんな時に参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

出産祝いのお返しは?

金額の相場から言えば、頂いた金額の約半分を目安に考えると良いでしょう。身内からの高額な場合には3分の1程度の物をお返しすると良いでしょう。 

 

お祝いを頂いてからお返しをする期限としては、赤ちゃんが産まれてから2ヶ月以内が良いでしょう。産まれてからで何かとバタバタしていると思いますが、ママの体調をみながら、できるなら漢(パパ)が買いに行ければベストでしょう。ですのでそのぐらいを目安にお返しをしましょう。

 

お返しの品物には、そのまま渡すのではなく、蝶々結びの水引ののしを選ぶと良いでしょう。

 

なにを返したら良い?

特にこれと言った決まりごとはないですが、相手がもらって喜ぶ物を選んでもらえれば良いでしょう。食べ物飲み物、生活の中で使える物を選んでも喜ばれるでしょう。目上の方であればお菓子の詰め合わせや男性にはお酒と言ったように相手の好みで良いでしょう。もしわからなければ、ギフトカタログでも良いでしょう。

 

おすすめランキング

 BEST3

 

 

BEST2

 

 

 

 BEST1

 

 

 

 

 

まとめ

赤ちゃんが産まれてからいろんな方々からお祝いがあり、みんなに祝福されて本当にありがたいですよね。日頃からお世話なってる人にありがとうを込めて送りましょう。産まれてからバタバタしていて大変かと思いますがママの体調やお子さんの体調を見ながら無理をせず、でも漢は動けるところは動きましょう。これからもいろんなイベントがあります、家族で協力をして楽しい育児ライフを!

 
 

 

生後40日目  どんどん体重も増え、笑顔も増えてきてるような感じです。これからが楽しみ。 

f:id:ptela:20181031120059j:plain