petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

《まとめ》子育て1ヶ月経って気になった事または改善点とは?

f:id:ptela:20190510183014j:plain

こんにちはptela(プテラ)です。

 

早くも、この世に産まれてきて1ヶ月が経ちました。

 

 

息子よ、どうだい?ママとパパと上の子との生活は。

 

f:id:ptela:20181101140411j:plain

 

朝起きて横を見ると上の子・ママ・キミが並んで寝ていて、朝から幸せをかみしめているよ。

 

それと同時にいろいろと頑張らないとなって思うよ。

 

1ヶ月が経っていろんな事に気づいたよ、と言うより気づかされたと言った方が正解かな。

 

そこでまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

気になった事・改善点

上の子とのスキンシップ

これに関してはすごく反省をしている、下の子ができた事によって、上の子のパパやママの独占欲が増し遊んでほしくてわがままになる場面が増え、「ちょっと待ってて」「お兄ちゃんでしょ」と上の子の気持ちを押さえ込んでしまっていた。上の子のストレスが増えていくのを実感している。どこかで発散させてあげないと、、、といつも思う。このままではグレてしまう。。。

改善方法

仕事が終わって疲れていようが全力で相手をする、休みの日は好きな事をどんどんやらせてあげる、多少のわがままには付き合う。子供らしくが一番。ママが基本的には下の子の面倒を見てるのでパパは上の子の面倒がベスト

 

下の子の寝かしつけ

久しぶりの新生児の寝かしつけ、上手くいく時もあれば失敗する事も多々あり、寝るときは寝るし寝ないときは寝ない、オムツチェックミルクは足りているかと反省というか改善すればもっと上手く寝かしつけられるだろう。

改善方法

オムツ、ミルクは済ませておき、おくるみにしっかり包んで、手や足が動かしやすかったり、おくるみから出てしまっていると寝てても起きる確率が高いので苦しくない範囲でキュッと包む。あとは照明音量を最低限にする。 

ママとの会話

産休から育休に入り1ヶ月が経ち、メインが子育てになり外に出る機会も減り、人との会話も少なくなるこの時期、ママの悩みやたわいもない日常会話も必要になる、「産後うつ」というのがあり、鬱というのはならなそうって人が以外となりひどくなってしまうと大変なので、ママとの会話で今の状態を知らなくてはならない。

改善方法 

一人目の時は平気だったが今回ならない保証はないので、なかなかゆっくり話す時間はないが、こっちの話ばかりでなくママの話を聞いてあげる、「大丈夫?」と声をかけてあげるのが大事。

 

まとめ

なんとか1ヶ月が経過し、楽しみながら育児をしているが、子供が一人の時と二人の時では全く次元が違い、一人目の時とは違いもっとパパとママが協力していかなければみんながストレスが溜まってしまいすごい事になりそう。世間ではこの時の喧嘩が絶えないんだなと思った。なので漢の役割を再確認してママの状態も見ていかないとな。

子育てを協力するのは当たり前、だって家族だからね。