petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

《実話映画》少しの空いた時間で子育て世代に見てほしい映画①

f:id:ptela:20190510105818j:plain


 

こんにちはptelaです。

 

10年以上前になりますが、今回は自分の好きな映画の一つなんですが、子育て世代の方でまだ観たことがない方ぜひ観ていただきたい映画になります。

 

 

 

 

実話を元に作られている作品なので、気持ちが入りやすく、子供のいる家庭ならグッときてしまうこと間違いなしです。

 

幸せのちから」The Pursuit of Happyness

幸せのちから (字幕版)

 

公開日 2007年 1月

主演 ウィル・スミス

 

あらすじ

妻と息子と主人公のクリス・ガードナー(ウィル・スミス)で暮らしていました。 クリスは医療機器のセールスをして生計を立てていました。そこへ画期的な商品だということでその医療機器をたくさん仕入れ、いざ売ろうと病院関係者にセールスしに行ったところ、いまいち反応が悪く全く売れません

その医療機器をたくさん仕入れたことにより、税金からいろいろな支払いができなくなり途方にくれていました。

そんな時、街中で高そうな高級車が目に入り、その車の持ち主に2つの質問をしました。

あなたの仕事は?」「その仕事にはどうやって就いたか?

そこから主人公の目まぐるしい毎日が始まります。

その仕事とは証券会社株の仲買人でした、迷うことなく証券会社の養成コースに応募し勉強を始めました。

しかしその研修期間半年間続き定員20名おり、最終的に残るのがたった1人だけ、その半年間は給料が出ない。

研修に通いながら売れ残った医療機器をなんとか売るが、次々と災難が多いかかります。

もう心も体もいっぱいいっぱいの状況の中でも親が子供に対して、諦めることなく生きていくことの大変さを教えてくれる作品です。

 

 

ptela.hateblo.jp

 

 

感想

個人的にウィル・スミスが大好きで、その中でも好きな映画です。しかも実話ということで、「ボーっと生きてんじゃねーよ」って言われないように常に危機感を持って生活していこうと思いました。

自分も今は雇われていますが、いつ首を切られたり、会社が潰れても自分や家族が路頭に迷わせないように頑張らないなといけないなと気づかされる映画です。

作品中もありましたが、見極める目が必要だと思います。

 

 

 

まとめ 

家族が題材の映画はこれまでにたくさんあります。その中でもおすすめの映画をこれからも紹介していきます。

子育てにはなにがあるかわかりません。時間があれば本や映画と言ったものに触れてみるのもすごく大事でしょう。

家族を路頭に迷わせないように頑張っていきましょう。

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中