petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

【厳選絵本】まだまだあります。おすすめの絵本 第2弾

f:id:ptela:20190205121704j:plain

こんにちはptelaです。

 

パパ、ママ、読み聞かせの絵本まだまだありますよ?

 

前回に引き続きおすすめの絵本をご紹介したいと思います。

 

 

前の記事はこちら⬇︎

 

ptela.hateblo.jp

 

 

この絵本知ってるよって方もいると思いますが、子供が大好きな絵本なので

 

もう一度手にとってもらえると嬉しいです。

 

 

おすすめの絵本 3選

いもむしれっしゃ 

いもむしのれっしゃに乗って、いろんな場所に出発。原っぱの団地、畑、トンネル、大きな木の上を、たくさんの種類の虫に出会いながら走るいもむしれっしゃ。

途中、ハプニングもありますがみんなで乗り越え今日も進むいもむしれっしゃ。

 


いもむしれっしゃ/にしはらみのり【1000円以上送料無料】

 

 

てつぞうはね

てつぞうはね、自由きままな猫で春夏秋冬いつも一緒にいるよ。ハムとパイナップルとスースーするものが好きなちょっと変わった猫。子供はもちろん大人もちょっぴり泣ける何度でも読み返したくなる絵本です。

 


てつぞうはね

 

 

くだもの

子供が大好きなくだものがいっぱい。一緒に見て楽しめる絵本です。絵本という枠を超えた絵の上手さは圧巻。芸術を見ているかのように、美味しそうなくだものが食べる時と同じ形になって紹介しています。

 


くだもの (幼児絵本シリーズ)

 

読み聞かせのポイント

 

今日から使える読み聞かせテクニック 【CD付き】

絵本に集中できる環境作り

集中力散漫のままだと、絵本の内容が入ってこないのと同時に他の事に目を向けてしまう。

ゆっくり感情を込めて読む

早口だと内容も理解しづらくゆっくり読んで聞かせるイメージで読むと良い。

繰り返し読む

同じ本を1度だけではなくなんども繰り返して読むことで理解力想像力がさらに膨らみさらに絵本が楽しくなる

 

 

まとめ

絵本って読みきれない程本当にたくさんあって、どれから読んでいいのかわからないって時は是非参考にしてみてください。

いろんな種類のお話をお子さんに読んであげることで感情、想像力豊かなお子さんに育つことでしょう。

読み聞かせには子供にも親にも良い刺激になるのでたくさんの絵本読み聞かせてあげてくださいね。

またおすすめの本があったらご紹介したいと思います。