petal’s blog

子育てしながら好きな事で自由に今を生きぬくコツ!!

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

【地域活性】改めて住んでいる田舎について考えてみた。

f:id:ptela:20190304094623j:plain

こんにちはptelaです。

 

田舎生活を始めて1年が経過しました。

 

 

田舎(茨城)といっても自分の住んでいる町はそこそこ生活に必要な物は揃っています。

 

ですが、気持ちが良いほど魅力がない・・・

 

皆さんもご存知の魅力のない県ランキング常連のそう茨城県です。

 

魅力がなければ、人口も増えないし、今いる子供達もそのうち出て行ってしまいます。

 

そうならない為にも子供たちや、もちろん自分達のためにも地域活性をしていかないとこのままではまずいと思ったので、

 

今回は、自分の子供が過ごすこの田舎を魅力ある町にしたいと思い考えてみました。

 

なぜ地域活性を考えたのか?

そもそも地域活性を考えるようになったきっかけは今の環境とこの一冊の本から考えました。自分の住んでいる町がやばいなと思った人はぜひ読んでみてください。すごく良くまとまっていて実践的です。

 


地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

 

 

茨城に1年間住んで気がついた事

子育てに向いてるはずが男性向きのお店(飲食)が多い。

子供の遊べるところが無い。

大人の娯楽が無い。

魅力のあるお店(飲食・雑貨・洋服)が無い。

 

その原因とは?

東京へは車で1時間半千葉県の成田なら30分船橋幕張へも約1時間で出れるという環境なので茨城県内でどうこうするよりかは外へ出た方がという事で、県外に頼ってしまっている傾向がある。

 

住んでいる方たちはそこまで不便とは感じてはないようです。

 

言いたいのは不便とか便利とかではなく、あそこのあれが美味しいから行きたいとか、

 

県外からも食べに来たいとか一度は行ってみたいとか話題になる物が欲しいんです!!

 

都会からふらっと戻ってきた奴が何生意気言ってんだ!!って言われるかもしれませんが。外(茨城)以外を知ってしまったので、黙ってはいられません。

 

このままの状態だと地元でお金を使いたいと思わないし子供達もこの田舎何もないしつまらないから高校卒業したら絶対に茨城出ると言うでしょう。

 

そうならない為にも小さい事からでも良いので変えていかなければならないと思います。

 

 

田舎には仕事がない、未来がないと大人は言います。大学を出て就職しなさいとたいていの親御さんはそう言うでしょう。

 

そう言いますが、田舎にある今の仕事は昔から苦しい時も頑張ってきた人たちが今も頑張っているから残っているんです。

 

いずれその頑張っていた人たちも引退するでしょう。その時に誰かがやってくれるだろう、そのうちできるだろうと待っていてもそんな都合よくいきません。町はどんどん衰退していきます。

 

衰退してきているのは大人たちが諦めたからでしょう。

 

自分の子供達の田舎を守れるのは自分たち世代です。ですので、雇われるだけではなく自分で稼ぐ力が必要となってきます。

 

自分で稼ぐ力をつけ稼ぐ事ができれば人を雇ってさらに稼ぐ事で町が潤います。

 

町が潤えば様々な魅力を作る事が可能になります。

 

 魅力があればこの町で働きたい、この町を盛り上げたいと思う子供達もででくると思います。

 

一人一人が子供達の為に田舎を良くしようと動くことで、子供達の未来も変わってくるでしょう。自分も偉そうに地域活性とか言っていますが、自分ができることやっていきたいと思います。

 

人によって、その地域に求める物、求める事は違います。もちろん全てをカバーする事は難しいです。自分たちもそうですが、自分たちの子供の事を考えると、魅力のある町にしなくてはいけないなと思います。この町でずーっと過ごしたい、この町を誇りに思いたい。そういう町になればいいなと思います。