petal’s blog

ptela’s blog

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

【生後6ヶ月】お腹の中にいた頃のママからの栄養は最強。

f:id:ptela:20190329132436j:plain

こんにちはptelaです。

 

産まれてから6ヶ月が経ち、このぐらいからママからもらっていた疫が徐々になくなり病気にかかりやすくなります。

 

 

という事で、さっそく、邪ひきました。

 

ですので、これからは乳食も始まったので、いっぱい食べて、ミルクもいっぱい飲んで体を強くしないといけません。

 

夫な体を作っていこうな息子よ。

 

そこで、風邪をひいた時にあったら便利なアイテムがこちらです。

 

 

 

電動鼻水吸引器

【医療機関使用モデル】電動鼻水吸引器 ELENOA エレノア 0歳児から使用可 痰吸引も可能(別売「吸引カテーテル」必要)

 

口で吸うタイプの物もありますが、邪がうつる可能性も高く、しかもやりづらいです。

電動の物は吸引力もあり、洗い出来るものも多く生的です。可愛い我が子といっても子供から風邪をうつされて症化したらたまったものではありません。毎日賛稼働中です。

 

電動鼻水吸引器の特徴

 

吸引力を調整可能

操作が簡単

鼻水による病気のリスクを下げる

(中耳炎気管支炎)

 

 

 ハンディタイプorハンディではないタイプ

うちではハンディではないELENOAの吸引器を使っていますが、使い終わった後の掃除がやや倒ですのでハンディタイプの方が持ちびもできて楽でしょう。

ハンディタイプではないモデルは、引力の調整ができるのでそこは良い点だと思います。

総合すると、除も手軽さも良いので、ンディタイプの物が良いでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ 

何かとデリケートな赤ちゃん。鼻水が詰まったままだと寝るのも苦しいし、中耳炎や気管支炎といった病気にもなる可能性もあるので気をつけたいですね。

どんどん便利なアイテムが出てくるので積極的に使った方が赤ちゃんもストレスがないし時短にもなるでしょう。

これからも便利なアイテム紹介していきますね。

f:id:ptela:20190329131925j:plain

 

風邪引く前の息子。このあと咳、痰に苦しめられるとは。。。

離乳食生活、上手に食べれているね。お兄ちゃんの時より上手だよ!頑張っていっぱい食べてね!