petal’s blog

ptela’s blog

小さな恐竜の育て方と子育てに関連する情報発信に加えて子育てにはお金がかかるのでその資産(資産運用)にまつわる情報と我が子の成長記録の生活ブログです。

【結論】家電で悩んだら大手メーカーがいちばん安心な件

f:id:ptela:20190510221631j:plain

こんにちはptelaです。

 

そういえば、少し前に買った子レンジがかなり使えなくて非常にっています。

 

 

結論からいえば、安定のーカーのを買えば良かったです。

 

今回買った電子レンジは「TWINBIRD」というところのレンジです。

 

このレンジの徴と何が使いづらかったのかまとめてみました。

 

 

TWINBIRDと言う名のメーカー

2019年現在、東証2部(6897)の正式名称はツインバード工業株式会社になります。

国内のメーカーだったんですね、それも知らずに購入していました。

 

ジェネリック家電メーカーの一つのようです、簡単にいえば、他社の優れた商品の一世代前の技術を使いながら商品を作る会社ということです。

 

型番DR-E852というもの

ツインバード センサー付フラットオーブンレンジ 18L ホワイトTWINBIRD DR-E852W

ツインバード センサー付フラットオーブンレンジ 18L ホワイトTWINBIRD DR-E852W

赤外線センサーで簡単にあたためということでした。

シンプルな見た目と簡単な操作で使える商品のようです、中はフラットタイプになっていて拭き掃除が楽ということでした。

 

使ってみた感想

通常のあたためは問題なく、解凍オーブン機能に関して使いづらく感じます。実際解凍しても解凍できてないのに、解凍できました音がなります。

オーブンも一度パンとかを焼いてしまうとしばらく使えないので、オーブンはオーブンだけの方がやはり楽です。

扉も重く開けづらいです。

 

 

気になるレンジ

東芝TOSHIBA)

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000-W

 

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000-W

特徴

石窯ドーム構造で熱風を素早く循環

熱風2段オーブン(300℃)

過熱水蒸気で油を使わず調理が可能

微粒な粒子でコーティング(セラミックコート)されていて掃除も簡単

 

まとめ

今やオーブンで料理ができちゃう時代です。子育てで時間のないママさんパパさんにはありがたい家電になります。

便利なものはやっぱり使っていきたいですよね。

今回ツインバードさんのレンジについてでしたが、反省としてはとりあえずで済まそうとすると結局使いづらかったり、不満が出てくるので、ちゃんと見極めて選ぶのがベストだと思い知らされました。

とりあえずで悩んでいる方がいましたら、いいやつ買えよって言ってあげてください。